解放出版社書籍案内



 


ビジュアル部落史

 

 

大阪人権博物館 編

 

A4判並製 146頁
定価2800円+税

978-4-7592-4058-0
C0021

 

 

中世から現代にいたる長期的視点で部落問題を概観。写真、図版を多用しフルカラーで視覚に訴える内容は、部落史学習をはじめ広く活用できる。2006〜8年に刊行された『ビジュアル部落史』全5巻(大阪人権博物館編刊)の合本。

はじめに

1.身分制社会と被差別民
 中世非人の成立
 宿の形成
 散所と声聞師
 河原者と中世社会
 戦国大名と「かわた」
 近世村落とかわた身分
 都市大坂とかわた身分
 かわた身分の役と生業
 支配思想・風俗統制
 かわた・長吏身分と頭支配
 芸能と支配
 近世の非人身分
 多様な被差別民
 身分制社会と被差別民・関係年表

2.近代日本社会と被差別部落
 身分制廃止への動き
 「解放令」の布告
 「解放令」反対一揆の嵐
 自由民権と啓蒙思想
 松方デフレと部落の窮乏
 部落改善運動の提唱
 融和主義の登場
 社会の視線
 皮革業の隆盛と内国博覧会
 天皇制と部落の移転
 大正デモクラシーと救済
 人種論と部落の起源の探求
 解放への胎動
 近代日本社会と被差別部落・関係年表

3.水平運動と融和運動
 全国水平社の創立
 各地の水平社
 徹底的差別糾弾闘争
 融和団体・同愛会
 水平運動の諸潮流
 全国水平社の労農連帯
 全国水平社の反軍闘争
 全国水平社の生活擁護闘争
 融和団体・中央融和事業協会
 水平社解消論と部落委員会活動
 高松結婚差別裁判糾弾闘争
 融和事業完成十カ年計画
 戦時下の水平運動と融和運動
 水平運動と融和運動・関係年表

4.戦後の部落解放運動
 敗戦と部落解放運動
 憲法と部落問題
 差別事件と行政闘争
 部落解放国策樹立運動
 同和対策審議会答申
 同和対策事業特別措置法と同和行政
 マスコミが取り上げた部落問題
 同和教育と人権教育
 「部落地名総鑑」と身元調査
 狭山事件とえん罪
 部落の識字運動
 部落解放と労働者・市民との連帯
 差別事件と社会の意識
 戦後の部落解放運動・関係年表

5.被差別民の文化と芸能
 役目と被差別民
 生業と被差別民
 皮・肉と被差別民
 門付芸
 大道芸
 舞台の上の被差別民
 近代の皮革・食肉業
 現代の部落と生業
 近代芸能のゆくえ
 信仰・祭り
 近代文学・芸術と部落
 戦後文学・芸術と部落
 子守唄と守唄
 食文化

 


 

新刊案内一覧へ

解放出版社目録のご案内 

HOME

Copyright (C)Buraku Liberation Publishing House Co.,ltd 2001, All Rights Reserved


E-mail

(株)解放出版社
Phone:06-6581-8542(代表) Fax:06-6581-8552
東京営業所: Phone:03-5213-4771(営業) FAX:03-3230-1600